神木隆之介の病気と病名とは?目つきが変わったのもその影響?ドラマでも活躍している現在は完治している?

子供の頃から俳優として活躍している神木隆之介さん。
出演した作品は必ずヒットすると定評がありますよね。

そんな神木さんですが実は、生後間もなく病気で身体が弱く、医師からも病気による生存率は1%とまで言われていたようです。

今回は

神木隆之介さんが患っていた病気

現在は?

について調べていきたいと思います。

神木隆之介プロフィール

生年月日:1993年5月19日
出生地:埼玉県
身長:167cm
血液型:B型
職業:俳優、声優
ジャンル:映画・テレビドラマ
活動期間:1995年
事務所:アミューズ

神木隆之介さんは2歳の時に子役として芸能界デビューし、
6歳の時に「グッドニュース」でドラマ初出演

2004年に映画「お父さんのバックドロップ」で映画初主演

2006年にドラマ「探偵学園Q」でドラマ主演を果たします。

その後も、若手演技派として知名度を上げていき「桐島、部活やめるってよ」や
バクマン。」など数々の話題のドラマにも出演しています。

また、アニメの吹き替え、ドキュメンタリー番組のナビゲーター、ナレーションなどでも活躍されています。

大ヒットとなった「君の名は。」で、主人公の声を担当されていたことも記憶に新しいですよね。

神木隆之介が過去に患った難病とは?

一体いつ頃にどんな病気を患っていたのでしょう?

神木隆之介さんは生後間もなく生存率1%の難病にかかっていたそうだ。病名は明かされていないが、消化器系の感染病で、ミルクを飲むことすらできなく2カ月もの間、危篤の状態に。しかし、奇跡の回復を見せ、大病を乗り越えた。

なんと生後間もない頃に難病を患っていたとようです。
1%という非常に生存確率の低い病気を乗り越えられたのは確率でいえば奇跡だといっても過言ではないのでしょうか?
これは神木さんが芸能界に入る前の出来事ですね。

病名は?

神木さんは病名を公表していないのでわかりませんが、候補として可能性がありそうなものを調べてみました。

1巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症

 

巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症は、腸管の動きに障害があり排泄がうまくいかないようです。場合によっては人工肛門にしなければいけないことも。生まれてからすぐに症状がでることが多いようで、ミルクや食事が十分いとれないようです。

 

2重症急性膵炎

 

重症急性膵炎は肝臓に異変がおき、激しい腹痛が発生する病気のようです。肝臓だけではなく、ほかの臓器にも障害が起きることや、重篤な感染症になってしまうことが多く、生存率は10%と言われています。発症率が男性が女性の2倍です。

 

3バッド・キアリ症候群

 

バッド・キアリ症候群は血流の流れが悪くなる病気のようです。

 

この難病の特徴として男性に起こりやすい病気(約1.6倍)だそうです。急性のバッド・キアリ症候群の症状は重篤と言われていて、多くの場合は1か月で死亡に至るようです。平均発症年齢は男性で36歳である点は、神木さんのケースには当てはまりません。

他にも消化器官系の疾患は数多くあり、難病は時代によって増えたり減ったりすることもあるのでもしかしたら神木さんが患った病気は現在病名として残っていないものだという可能性もありますね。

難病を患って乗り越えたことにより現在も芸能界で活躍する神木隆之介

 

前述のように神木さんは生後間もない頃に難病を患いました。

そんな神木さんが芸能界に入るきっかけとなったのはこの病気があったからだったようです。

病気で生存確率1%と知らされた、神木さんの母親は「生きている証を残したい」と、子役オーディションを受けさせたようです。

この話は、神木が2007年に出演した映画『遠くの空に消えた』の試写会で本人の口から語られており、「僕は赤ちゃんの頃にすごく重い病気にかかって重体になったけど、奇跡的に助かった思い出に、お母さんが事務所に応募したんです」と説明し、「それがきっかけで、今こうしてここに立てていると思うと、奇跡だなぁと思う」とコメントして会場を感動させた。

ただ単に可愛いわが子を芸能界で活躍させたい!という思いだけではなく「生きた証を残したい」という切実な思いでオーディションを受けさせたということがわかりました。

想像すると胸が熱くなりますね。

神木さんが病気から回復されてさぞかし安心したことでしょうね。

目の病気も?

神木さんが病気をカミングアウトしてから病気で検索する人が多くなったようで、
現在は目の病気?という噂もあるようです。

実際目の病気は無くただの噂だけのようでした。

神木さんは子役の頃からテレビで活躍されていたので、成長して目つきも少し変わったりして、昔と目つきが変わった?少し斜視っぽい?などということから検索されたのでしょうね。

神木さんの目の演技力もとても魅力的ですよね。

ナルコレプシーという噂も?

他にも神木さんが、ナルコレプシーなのでは?という噂もあるようなので調べてみました。

ナルコレプシーとは?

ナルコレプシーとは睡眠障害の一種であり、夜間にしっかり寝ても日中に眠気が襲ってきてしまい、しかもその眠気が起きてられないほど強烈なものであるという症状があるようです。

もし本当にこの病気を患っているとしたら仕事もままならない生活になってしまいますよね。

ただでさえ不規則な生活の芸能界でこのような病気は致命的になりかねませんね。

この病気の情報はどこにもないのでどうやら神木さんが生まれて間もない時に患った難病と勘違いしての噂のようですね。

幼少期の病気を克服し数々の作品で迫真の演技で活躍を続ける神木隆之介さん。
これからもさらなる活躍を楽しみにしていきたいと思います。

スポンサードリンク