中島美嘉が患った耳の病気で口元が怪しい?精神的ストレスで激やせ?現在は?

これまで数々の名曲を生み出してきた歌手の中島美嘉さん。
女優としても活躍されています。そんな中島美嘉さんですが、病気を発症して2010年から歌手活動を無期限休止を発表したことも記憶に新しいですね。

今回は中島美嘉さんを苦しめた病気について調べていきたいと思います。

中島美嘉プロフィール

名前:中島美嘉(なかしま みか)
生年月日:1983年2月19日(34歳)
身長:160cm
血液型:A型
出身:鹿児島県日置市
所属:トゥループロジェクト

 

 

 

 

中島美嘉さんは中学生の時にドリーム・カム・トゥルーを聞いたことをきっかけに、芸能の道へ進み自分を表現できる職業に就きたいと思うようになります。

高校へは進学せずに1年間ほど地元のファストフード店などを中心にアルバイトをしていました。

1999年、中島美嘉さんが16歳の時、福岡県福岡市に移り住み、集団生活をしながら
モデルのアルバイトを始めます

2001年10月、テレビドラマ「傷だらけのラブソング」でヒロイン役を演じ、
女優デビューを果たします。

2001年11月、「傷だらけのラブソング」の主題歌STARS」をリリースし、
歌手デビューを果たします。

当時中島美嘉さんはモデルを目指していたこともあり、女優そして歌手として活躍することは想像もしてなかったようです。

知り合いから自作の楽曲を売り込むため中島美嘉さんに「仮歌を歌ってほしい」と依頼を受け、彼女が歌ったデモテープをレコード会社に送ったところ「この声の子と一緒に来てほしい」という話になり、上京することに…楽曲よりも中島美嘉さんの歌声が注目されたようです。

そこからワケのわからないまま一次、2次、3次と次々とオーディションを受けていき最終審査に残ります。

そこで、最終審査に残った女の子に「あの…なんのオーディションなんですか?」と質問し、「ドラマで歌う女の子の役」だと教えてもらったようです。

なんのオーディションかわからないまま最終審査まで来たということに驚きです。

そんないきさつで中島美嘉さんは女優そして、歌手としてデビューすることになりました。

2002年に、テレビドラマ「天体観測」の主題歌である「WILL」が大ヒットし、一躍人気歌手の座に躍り出ました。

その後も、レコード大賞最優秀新人賞紅白歌合戦出場映画「NANA」最優秀主演女優賞など数々の賞を受賞し歌手としても女優としても活躍されます。

人気歌手として活躍してきた中島美嘉さんですが、2010年に病気を理由に歌手活動を無期限に休止するという発表をします。

中島美嘉さんが患った「耳管開放症(じかんかいほうしょう)」とは一体どのような病気なのでしょうか?

「耳管開放症(じかんかいほうしょう)」とはどんな病気?

「両側耳管開放症」とは、普通は閉じている耳管が
開いたままになってしまって、耳がふさがったように感じたり、
自分の声が大きく聞こえたりする病気で、
「耳鳴り、めまい、音程がズレて聞こえる」という症状が出るといいます。

 

主な症状として、下記が挙げられます。

・耳がつまった感じ(耳閉感)
・自分の発する声が大きく聞こえる(自声強聴)

さらに呼吸音も聞こえてしまうという、という症状もあるそうです。自分の出している音程がわかりずらくなるようです。

両側耳管開放症は、原因不明の病気で、一説によると痩せすぎ、ホルモンバランス・血行不良・脱水症状などが挙げられてるようで、治療法はあるようですが必ず完治するとは言えない病気のようです。

 

実際中島美嘉さんは「どのぐらい声が出ているのか、どうなっているのか分からない」と説明されていて、歌手として活動するには致命的な症状だということがわかります。

2010年に病気を発表した中島美嘉さんですが、実はその2年前くらいから病気に悩まされていて一人で抱え込んできたようです。

当時、「どんどん歌えなくなっていった私に、みんなが『努力してない』って。責められてたの、実は」と告白。「悔しかったです」と苦しみ抜いた当時を振り返った。

医師からは「完治は無理」という診断を受け、引退を考えた時もあり
周囲にも「やめます」と伝えていたそうです。

その半年後、歌手活動を再開しますが、両側耳管開放症完治したわけではなく病気とうまく付き合って活動を続けていて、現在はコンサートや曲をリリースできるほどに回復されています。

そんな苦悩の日々を送っていた中島美嘉さんを支えた人が、バレーボール日本代表の清水邦広選手でした。

中島美嘉さんは元々ネガティブな性格だったようで、後ろ向きな考えをよくしてしまっていたそうですが、清水選手に「もうやりたくない」と思ったら「超やりたい」とポジティブなことを言うというアドバイスを貰ってから実践すると本当に効果が出て緊張から救われたこともあるそうです。

長嶋美香の結婚相手、清水邦広さんのプロフィール、子供は?

名前:清水邦広(しみずくにひろ)

愛称:ゴリ
出身地:福井県福井市品ケ瀬町
生年月日:1986年8月11日
身長:193cm
体重:94kg
血液型:B型
最終学歴:東海大学
所属チーム:パナソニック・パンサーズ

 

 

母親の影響で小学校4年生時よりバレーボールを始める。

福井工業大学付属福井高等学校卒業後、東海大学へ進学。2007年、大学在学中に日本代表選出。翌年のオリンピック予選を経て、北京オリンピック代表として出場。

 

2009年4月、現所属チームのパナソニック・パンサーズに入団。数々の賞を獲得されています。

 

その後もチームに欠かせない中心選手の一人として活躍し続け、昨年8月に開催されたアジア選手権でもMVPに選出されるほどの大活躍を見せました。

かたやスポーツ選手、かたや歌手なので接点がないように見えますが、二人はどのようなきっかけで出会ったのでしょうか?

馴初めは?

中島美嘉さんは元々バレーボールを観戦するのが好きでよく試合観戦に行っていたようです。

そこで活躍されている清水邦広選手に一目惚れしたそうです。

そして、バレーボールの大会後中島美嘉さんは自分で書いた手紙を清水選手に渡した事が二人の出会いのきっかけでした。

清水選手は初めに中島美嘉さんと会った時、目の前の中島美嘉さんのことを

どこかのお偉いさんの娘かな?

と思っていたようです。

歌手の中島美嘉さんはその当時から知っていたようですが、まさか目の前にいるのが本人だとは思わなかったとのこと。

そうして、知り合った二人は2011年夏から交際を始めます。

その後、順調に3年半の交際を経て、2014年12月25日に入籍されています。

子供はいる?

2017年10月の時点で二人は結婚して、約3年弱となりますが、子供がいるという情報はないのでいらっしゃらないようですね。

今後もし、情報が入ったら更新していきたいと思います。

今後の中島美嘉さんと清水邦広さんの活躍からも目が離せませんね!

スポンサードリンク