堀ちえみの病気は難病?リウマチ?結婚や離婚、旦那や子供は?

元アイドルで現在タレントとして活動している堀ちえみさんについて調べていきたいと思います。

堀ちえみプロフィール

名前   堀ちえみ
本名   尼子 智栄美(あまこ ちえみ)
生年月日 1967年2月15日(50歳)
身長   158cm
出身   大阪府堺市東区
所属   松竹芸能

堀ちえみさんは3人姉妹の長女として生まれます。

1981年に開催された第6回ホリプロタレントスカウトキャラバンの優勝をきっかけとして芸能界デビューを果たします

ホリプロからは深田恭子さんや石原さとみさんもデビューしていますね。

1982年、「潮風の少女/メルシ・ボク」で歌手デビュー。

ちなみに堀ちえみさんと同期デビューは、小泉今日子さん、三田寛子さん、
松本伊代さん、早見優さん、中森明菜さん、石川秀美さん、シブがき隊

と大豊作な年でした。

1983年、TBS系ドラマ「スチュワーデス物語」に主演。

「スチュワーデス物語」の最高視聴率26.8%

 

ドラマの「教官!」「ドジでノロマな亀」の台詞は流行語になり、翌1984年に新語・流行語大賞に指名され、大衆賞を受賞。

 

堀ちえみさんは子のドラマで一気に知名度を上げました。

スキャンダル~一時期引退

1987年3月、堀ちえみさんが20歳の誕生日を迎えた直後に電撃的に一時引退。

 

引退理由は明かされませんでしたが、スキャンダルが原因と言われています。

 

堀ちえみさんは引退前に、音楽プロデューサーの後藤次利さんとの関係が報じられました。

 

後藤次利さんは既婚者で堀ちえみさんとの関係は不倫。

 

後藤次利さんは堀ちえみさんの15歳年上。

 

このことで、堀ちえみさんはバッシングを受け、引退になったと言われています。

当時精神的にだいぶ追い込まれていたそうですね。

ホリプロとの契約は終了したようです。

芸能界復帰

1987年3月、20歳の時に引退した、堀ちえみさんですが、

2年後の1989年、芸能界復帰

 

所属は松竹芸能。

 

引退前はドラマで活躍しましたが、復帰後はドラマの出演は少なく、タレントとしての活動がほとんどになりました。

現在はママタレントとして料理番組や、情報番組のコメンテーターとしても活躍しています。

堀ちえみの結婚歴、旦那や子供は?

堀ちえみさんの結婚、離婚歴が凄く一度目の結婚は芸能界復帰した年の
1989年、当時堀ちえみさんが22歳の時。

出会いは堀ちえみさんの母親の経営する喫茶店のお客さんだった
11歳年上の外科の医師結婚します。

この男性との間には3人の男の子が生まれました。

長男は1990年生まれで昴平(こうへい)さん。次男は1992年生まれの健汰(けんた)さん、三男は1993年生まれの叡弘(あきひろ)さんの3人です。

しかし、1999年に夫のDV(暴力)が原因で離婚しています。

この離婚は子供の親権をめぐって1997年から裁判になり、
最高裁までいくくらい長期化しています。

裁判では、

 

1995年から別居していたこと

 

子供は堀ちえみさんと暮らしていたこと

 

別居後、堀ちえみさんが別の男性と暮らしていたこと

 

などが公になりました。

 

裁判は堀ちえみさんの主張が認められた形で、高裁で和解が成立しました。

 

堀ちえみさんが別居後に男性と同居していた件は、結婚生活が破綻していたとみなされ、裁判で不倫としては扱われなかったようです。

2度目の結婚

離婚した翌年2000年5月に、雑誌社勤務の加藤芳樹さんと入籍しています。

堀ちえみさんが以前離婚前に別居していた時から、同居していた男性です。

加藤さんは離婚騒動の際も相談に乗ってくれていたそうです。

年齢は同年代

加藤さんとの間には2人の子供(1男1女)を授かりました。

2000年に四男の楓季(ふうき)さん、2002年に長女の彩月(さつき)さんが生まれました。

しかし、2010年6月に離婚してしまいます。

結婚生活は10年でした。

 

離婚の原因・理由は夫婦生活のすれ違いだったそうです。

 

加藤芳樹さんは結婚当時は出版社に勤める編集者でしたが、2006年に独立し自身の会社を設立しました。

 

そのせいか、会社員時代よりも忙しくなり、すれ違いになってしまったようです。

 

3度目の結婚、現在の旦那は?

2011年12月に、一般男性と3度目の結婚をしました。

結婚相手もバツ2で連れ子が2人いたので堀ちえみさんは7人の子供の母親となりました。

結婚相手の名前尼子勝紀さんというそうです。

 

堀ちえみさんが旦那の名前は発表したけではないようですが、堀ちえみさんがブログで結婚後の苗字が「尼子」だと書き、旦那の職業がパチンコメーカー勤務という情報から探されたようです。

 

パチンコメーカーSANKYOの執行役員の名前に「尼子勝紀」という名前があったのが理由のようです。

 

年齢は堀ちえみさんの1つ上。

馴初めは、堀ちえみさんが大阪の自宅周辺を歩いていたところ、

「ずっとファンでした」

と声をかけられたそうです。

堀ちえみさんはその男性のスーツ姿と丁寧な言葉使いに一目惚れしたそうで、その後また会えないかと犬の散歩がてら近所をうろうろしたこともありました。

そんな出会いから3カ月後、偶然同じ飛行機に乗っていて再開。

せっかく再開したのですが、堀ちえみさんは緊張のあまり連絡先の交換ができず…

その後、堀ちえみさんが仕事で東京に訪れた時、またしても彼と出会ってしまうのです。

運命を確信した堀さんは、その日にマネージャーと3人でディナーにこぎつけます。

その後、交際に発展し、結婚し現在に至ります。

 

堀ちえみが患っている病気とは?

堀ちえみさんは2015年に難病指定の「右大たい骨骨頭懐死症」という病気にかかって人工股関節を入れる手術をしています。

特発性大腿骨頭壊死症について調べてみると…

股関節の病気のひとつで
大腿骨の上端の大腿骨頭の骨組織が壊死し、関節が変形・破壊する病気であり
このうち原因がはっきりしないものをいう。

厚生労働省の特定疾患に指定されている。

という原因不明系の非常に厄介や病気だということがわかりました。

症状は初期の頃は歩行時や階段の昇降時に痛みを感じるそうで、
進行してくると安静にしていても継続的な痛みが発生し、鎮静剤が必要な状態になってしまうそうです。

また変形にともない関節の動く範囲が狭くなったり
跛行(はこう、足を引きずって歩く事)を生じたりするので
場合によっては杖が必要になるのだそうです。

なので堀ちえみさんは手術に踏み切ったということですね。

その後、入院予定1ヵ月だったところを12日で退院という驚異的な回復力で復帰してライブも元気にこなせていますね。

現在治療中の病気も

堀ちえみさんは2017年3月28日の自身のブログで、リウマチ神経障害性疼痛を患い、治療中であることを告白しました。

堀ちえみさんが身体に異変を感じたのは2016年の3月頃かららしく4月に人間ドッグを受けた際に、リウマチと神経障害性疼痛が見つかりました。

現在は治療薬を飲みながら生活しているそうです。

薬の副作用で、飲んだ後しばらく立ち上がれなくなるほど、気持ち悪くなるそうです。

リウマチは根本的な治療法がまだ発見されていない謎多き病気ですが、
医療が進歩していずれ完治して元気に活動できることを願います。

最後に

堀ちえみさん夫婦にはまだ成人していない子供もいて、子育ても頑張りつつ自身の活動もされている大変な時期だと思いますが、
身体にあまり負担をかけず活動していっていただきたいですね。

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA