栗原類の病気、発達障害は母からの遺伝?マルファン症候群?現在は?英語がペラペラ?

今回はモデルでタレントとして活躍されている栗原類さんについて調べていきたいと思います。

栗原類プロフィール

名前 : 栗原類(くりはら るい)
生年月日 : 1994年12月6日
出身地 : 東京都
血液型 : O型
身長 : 181cm

バラエティ番組に出演したのをきっかけに「ネガティブすぎるイケメンモデル」としてブレイクしましたよね。

栗原さんは5歳の頃からモデル活動を始め、『MEN’S NON-NO』のモデルとしても活躍しています。

栗原類さんはイギリス人の父日本人の母を持つハーフで幼少期はニューヨークで過ごしたそうです。

父親は栗原さんが1歳の時に死去…
死因事故死だそうです。

1歳ということは父親との記憶が残っているのかわからない年齢ですね、悲しい話です。

 

母親は?

栗原類さんの母親は翻訳家として活動している栗原泉さん。

母親の仕事がら幼少期は海外を行ったり来たりの生活をしてきたそうです。

5歳から11歳の間はニューヨークに住んでいました。

母親が翻訳家であり海外にも在住していた経験があるので英語に関してはペラペラだそうです。

栗原類は発達障害?

栗原類さんはニューヨークに在住していた8歳の時、
発達障害の一つADD(注意欠如障害)と診断されます。

その時に栗原さんの母親も、
発達障害(ADHD=注意欠陥多動性障害)の診断を受けていたそうです。

発達障害に関しては遺伝する可能性はあるものの、突然ある人から始まることもあるそうなのでそれ以外の原因もありうるようです。

発達障害の症状とは?

見た目では区別できない発達障害の一種ADD(注意欠如障害)ですが、どのような症状がでるのでしょうか?

簡単にまとめると注意力が欠如して、

忘れ物が多い

 

整理整頓が出来ない

 

じっとしてられない

 

そわそわしてる

 

順番を守れない

 

他人の邪魔をする

 

という症状が出てしまうようです

本人に悪気が無くても周りの人に理解してもらいにくいのがつらい所だと思います。

栗原類が活躍できているのは母のおかげ?

栗原類さんは記憶力が悪く、寝たら前日のことを忘れてしまうことがあったそうですが、母親は逆に鮮明に覚えているという違いを持っていたそうです。

発達障害にも種類があって、いろいろなタイプの人がいるということですね。

栗原さんのそういう部分を母親が一番に理解し、苦手な整理整頓や一人暮らしという自分で考えて行動することを栗原さんに経験させていきました。

洗濯ものを干すのは苦ではないけど畳むのは苦手など得意なことと苦手なことを理解し、本人に苦にならないことを積極的に経験させていったそうです。

もしできないことがあったとしても、「どうしてできなかった?」と怒られることはなかったそうです。

理解してもらえる親の元でノビノビと過ごせた経験から現在の活躍にまでつながっているということですね。

ADDは年齢を重ねるごとに症状が軽くなる例もあるそうなので、現在は改善されてきているかもしれませんね。

マルファン症候群?

栗原類さんですがマルファン症候群では?と噂になっていたので調べてみました。

マルファン症候群 (マルファンしょうこうぐん、Marfan syndrome、MFS)とは、常染色体 優性遺伝の形式をとる細胞間接着因子(フィブリンと弾性線維)の …. 病気の突然死( Sudden Death)を防ぐためには早期診断が大きな鍵となる。

生まれつきコラーゲンの成分に異常があるらしく、目、心臓、骨格、あごが突き出ていたり、指が異常に長かったり、などという特徴が栗原類さんにもみられるということで噂になっているようです。

極端にあごが突き出ているわけではないですし、指も長いかもしれませんが、不自然なほど長いようには見えないので普通に日本人離れしたイケメンという印象ですがどうでしょう?

現在は?

2012年には毎日テレビで見るほどだった栗原類さんですが、最近はたまにバラエティ番組に出演しているのを見るくらいですかね?

栗原さんはまだ20代前半だし、モデルや勉強に力を入れているといったところでしょうか?

イギリスの大学受験を目指しているという噂もあるようです。

モデル業や学業が落ち着いてきたらまたテレビにも出演してほしいですね!

病気を持っている人にしかわからない苦しみを経験している栗原類さん、
その「個性」を生かし、これからのさらなる活躍を期待していきたいですね。

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA