大塚範一の白血病の症状は?死亡説?現在は?

今回はアナウンサーとして「めざましテレビ」の朝の顔としても活躍されていた大塚範一さんについて調べていきたいと思います。

大塚範一プロフィール

・本名 大塚 範一(おおつか のりかず)
・生年月日 1948年9月28日
・出身地 東京都江戸川区
・元NHKアナウンサー

大塚範一さんは、1973年早稲田大学卒業後にNHKに入局しました。

同期に、池上彰や宮本隆治などがいる。
初任地は広島。

 

1976年、高松に転勤。同年10月に初の冠番組を持つ。広島、高松、名古屋と13年間地方局勤務を経て、1984年東京に移り、「サンデースポーツスペシャル」「クイズ百点満点」の司会や各種のスポーツ実況を務めた。

 

NHKを退職する直前には「NHK歌謡コンサート」の司会に内定していたそうです。

 

1994年3月にNHKを退職。

 

フリーアナウンサー時代

翌年の1995年4月からフジテレビ「めざましテレビ」のメインキャスターを担当し、長らくフジテレビの「朝の顔」を務めることとなります。

このフリー転身はフジテレビからの引き抜きの形であったため、しばらくの間フジテレビと専属契約をしていたようです。

めざましテレビといえば大塚範一さんがいるのが当たり前というような存在でしたよね。

2006年にフジテレビ系列のテレビ番組「メントレG」にゲスト出演した際、NHK出身であるが故にCMの入り方が分からなかったため、「めざましテレビ」の初期において、苦労したことを明かしています。

 

朝5時台から生放送の『めざましテレビ』を受け持つようになってから、健康管理には徹底しており、どんなに忙しくても、5時間の睡眠と1時間の仮眠を心掛け、毎朝3時に起床し頭がしっかり回転するよう朝食をしっかり取り、ヨーグルトを欠かさず食していた。また、自身の好きなゴルフなどをするなど暇さえあれば体もマメに動かしていたという。

トップで活躍されている人は自分で健康管理もされていて
まさにプロですね。

病気治療

大塚さんは2011年11月2日から体調不良を理由に
「めざましテレビ」の出演を休業されてしまいます。

病名は急性リンパ性白血病と診断を受け治療を受けることになります。

この急性リンパ白血病とは、白血病の一種で
骨髄や血液の中でガン細胞が増殖した状態
指します。

 

これの何が体に悪いのかというと、ガン細胞が、
血液内で増えることで正常な血液の中にある白血球
赤血球血小板が圧迫されて減ってしまうんです

 

減ってしまうと、

白血球不足

・白血球は体の免疫機能を果たします。

これが減ると病気の原因となる細菌・カビ・ウイルスなどに
対する抵抗力がなくなり、発熱、肺炎や敗血症が引き起こされ、
これらの病気が原因で死に至るケースがあります。

 

この病気にかかってから5年後の生存確率はなんと30~40%と非常に低い確率です。

大塚範一さん本人は仕事に復帰する意思は強く、
「完全復帰は(2012年の)3・4月頃になるんじゃないかと思います」
と語られていましたが、

治療にさらに時間がかかることがわかり番組大幅リニューアルに伴い、
2012年2月28日に三宅正治さんに後任を託す形で「めざましテレビ」を卒業されています。

大塚範一さんが退院されたのは2012年10月。

それからしばらく自宅などで体力づくりをして

2013年2月4日放送の「めざましテレビ」に生出演し、461日ぶりテレビ生出演を果たすと同時に、4月開始の「アゲるテレビ」のメインキャスターを務めることが発表されました。

しかし2013年4月にはテレビに復帰する予定でしたが、
2013年3月に白血病が再発してしまいました。

白血病が再発したことが判明したため、フジテレビは、大塚範一さんが「アゲるテレビ」への出演予定を当面キャンセルし、再び闘病生活に専念することを発表しました。

大塚範一さんの白血病治療について、3人の姉は高齢のため骨髄提供は難しい状態(姉達は提供希望の意思)であったことや、大塚本人もこの時点で60代という高齢であったことなどから、手術を受けるには厳しいとされ、骨髄移植は困難であると考えられていました。

2013年9月、大塚範一さんは退院し、同年10月5日放送の「めざましテレビ」特別番組に生電話出演。そこで、臍帯血移植手術をしたことを明かしています。

せっかく退院もして、復帰のために努力もされていたのに白血病が再発するという結果になってしまいまっていたファンの方も大塚さん本人もとてもつらかったでしょう。

そんな大変な状況でも大塚さんは前向きで、
2013年4月11日には、闘病記「耐えて、咲く」を発売。

その後

2014年6月18日放送の「徹子の部屋」に出演されました。

首から上がむくんでいるように感じますが、薬の副作用なのでしょうか?

白血病の原因は?

大塚キャスターは、福島原発3号機が爆破し、プルトニウムが大量に飛散していた3月15日に福島入りしたという。また番組内で安全性をアピールするため、福島産のシイタケを始めとする野菜を試食していた。

 

消化器系を通してとりこまれたプルトニウムは、むしろ可溶性のものが問題となる。胃腸壁を通して吸収されやすく、吸収されたプルトニウムは主として骨に集まりやすい

 

これは、骨のガン、特に白血病の原因となる。もちろん、とりこまれた部位に応じて各種のガンを誘発しうるが、肺ガンと骨のガン(白血病)が、プルトニウムの恐ろしい病気である。

 

番組の為に許容量を超えるプルトニウムを摂取してしまったのではないか?と言われているそうです。
もしそうだとしたら恐ろしいことです。

2017年現在は?

大塚さんは白血病を治すため現在懸命に治療に取り組んでいるそうです。

現在の大塚さんの目標は2020年に控えた東京オリンピックでキャスターの仕事をすることなんだとか。

その目標を達成して元気な姿を見せていただきたいと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す




CAPTCHA